ビットコイン先物の取引最終日が相場に与える影響について

2018年5月からビットコイン相場はダラダラと下がり続けてきましたが、6月25日に64万円の底をつけたあとは徐々に流れが変わり、7月25日には90万円台まで回復しました。


(引用元:bitFlyer Lightning)

 

このまま勢いよく100万円を超えてくれないかなと思いましたが、調整が入って再び90万円を大きく割り込みました。そして、7月28日になった直後に高騰して再び90万円を超えました。

ジェットコースターに乗っている気分です。

調整が入った原因は、米国証券取引委員会(SEC)がウィンクルボス兄弟のETF要求を拒否したことが原因と思っている人が多いようです。

 

7月27日はCMEのビットコイン先物7月限月の取引最終日だったので、ビットコイン先物が相場に与える影響に注目する投資家が多くいました。

CMEとは、Chicago Mercantile Exchangeの略で、アメリカの世界最大規模の先物取引所です。

CMEにビットコイン先物が上場したのは2017年12月18日のことです。アメリカの取引所でもビットコインを売りから入れるようになったことで話題となりました。

下図は当時の日足チャートです。CMEにビットコイン先物が上場した2017年12月18日からビットコインの大暴落が発生し、4日で100万円近く価格が下落しました。タイミング的に、大暴落の引き金となったのはビットコイン先物の上場だった可能性もあります。


(引用元:bitFlyer Lightning)

 

先物取引とは、未来の売買を契約する取引です。「決済日に◯円で買う」「決済日に◯円で売る」という約束を取引するイメージです。買いだけでなく、売りからも入れるのが特徴です。

例えば、「決済日にビットコイン1枚を100万円で売る」という契約を成立させたあと、取引最終日のビットコイン価格が80万円になったとします。約束通り1BTCを売って100万円を手に入れたあと、すぐに80万円で1BTCを買い戻すのをイメージして下さい。つまり、100万円-80万円=20万円の利益を得たということです。
(※実際に1BTCの現物を売買するわけではありません。)

決済日に絶対に◯円で売ることができるということは、もし取引終了間近に意図的にビットコインの価格を下げることができたら簡単に利益を出せます。

そこで考えられるのが、機関投資家による取引最終日直前のビットコイン現物の大量売り(売り仕掛け)です。

例えば、先物市場で「ビットコインを100万円で売れる契約」を成立させたあと、取引終了間近に現物市場でビットコインを大量に売って価格を暴落させます。価格が下がったまま取引最終日が過ぎれば先物取引の利益確定です。

そのあと、現物市場で売ったビットコインを買い戻して終わりです。

 

2018年7月28日に起きた事象を見てみましょう。CMEのビットコイン先物7月限月の取引最終日は「7月28日0時(日本時間)」です。

下図は7月28日前後のチャート(1時間足)です。7月27日の朝5時からビットコイン価格が大きく下落し86万円まで下がりました。そして、取引最終日が終わった7月28日0時きっかりから価格が高騰して3時間後にはもとの90万円まで回復しました。

7月28日0時きっかりから価格が高騰しはじめたことから、ビットコイン先物7月限月の取引最終日が影響していることは明らかです。

 

6月限月の取引最終日(6月29日)のチャートも見てみましょう。

取引最終日のあとの6月30日午前6時から価格が高騰しました。

 

CME GROUP公式によると、ビットコイン先物の7月限月の出来高が前の限月に比べて93%増えたそうです。ビットコイン先物の影響力が大きくなってきていることが分かります。

 

下図は日別のビットコイン先物の出来高を表したグラフです。取引最終日に向かって出来高が増えていき、7月24日と25日の出来高が最も多くなっています。


⇒引用元:CME GROUP「Bitcoin Volume

 

次回の8月限月の取引最終日は8月31日(金)です。ビットコインの短期トレードをしている人はCMEのビットコインの出来高をチェックし、取引最終日直前に出来高が増え始めたら売り仕掛けによる下落を警戒しましょう。

取引最終日直後の上昇の波に乗っかる作戦もいいかも知れません。

投資は自己判断で。

限月 製品コード 取引開始日 取引終了日 決済日
7月 BTCN18 4月30日 7月27日 8月1日
8月 BTCQ18 5月29日 8月31日 9月6日
9月 BTCU18 4月3日 9月28日 10月3日
10月 BTCV18 7月30日 10月26日 10月31日
12月 BTCZ18 7月2日 12月28日 1月3日