ビットコイン購入成功

2017年10月27日

前回の記事でビットコインを購入しようとしましたが、アカウントクラスがビットコインを売買できるクラスではなかったので購入することができませんでした。

数ヶ月見ないうちに、何やらアカウントクラスが6種類から2種類に変更されたようです。各クラスについて簡単に説明すると下表になります。

クラス名概要
ウォレットクラス・仮想通貨の預け入れ、送付ができる(7日10万円まで)
・仮想通貨の購入、売却はできない
トレードクラス・仮想通貨の預け入れ、送付ができる(取引量に制限無し)
・仮想通貨の購入、売却ができる(取引量に制限無し)

 

つまり、トレードクラスにならないとビットコインを売ったり買ったりできないということです。私は仕様変更前は「プレミアムエコノミー」というクラスで月に25万円まで取引できる予定でしたが、アカウントクラスの仕様変更によって「ウォレットクラス」に格下げになりました。

「ウォレットクラス」から「トレードクラス」にランクアップするには免許証などの身分証明書を提出するだけなので難しいことはありません。

ということで、審査も終わり無事トレードクラスにランクアップすることができたので改めてビットコインを購入してみようと思います。

ビットコイン取引所に移動し、下図黄緑枠の「数量」にビットコインの購入数を入力します。次に「価格」にビットコインの購入価格を入力します。

購入価格は購入数に対する価格ではなく、1ビットコインの価格のことです。例えば、0.001ビットコインを購入する場合、それを日本円に換算した429円を入力するのではなく、1ビットコインの価格(例、429590円)を入力します。42万円が必要なわけではないので安心して下さい。

「価格」にはビットコイン取引所ページを開いた瞬間の現在価格があらかじめ入力されています。今回は「価格」はそのまま(429590)にして、「数量」に0.001を入力しました。

ビットコイン取引所

 

次に「コインを買う」ボタンを押します。すると下図のような確認画面が表示されます。

ちなみに、ビットコインの売買には手数料がかかります。今回のような10万円未満の売買は0.15%の手数料になります。つまり、0.001ビットコインを購入したときの手数料は0.0000015ビットコイン(=0.001×0.0015)です。

安い!(・□・;)

ビットコイン購入確認画面

 

次に「注文を実行する」ボタンを押します。注文が正常に行われたら「コインを売る」ボタンの下に「注文しました。」が表示されます。これでビットコイン購入の注文が完了しました。

ビットコイン 注文しました

 

ただし、まだビットコインを購入できたわけではありません。

自分の買い注文(0.001ビットコインを429590 BTC/JPYで買いたい)に対して、その数量と価格の売り注文が入った段階で取引が成立し、ビットコインが自分のものになります。注文が成立することを株の世界では約定といいますが、仮想通貨でも使ってもいいのですかね。

注文履歴画面を見ると先ほど出した買注文が表示されています。ステータスが「オープン」はまだ約定していない状態です。約定するとステータスが「完了」になります。

注文履歴

 

私が出した買い注文のビットコインの価格は42万9590円なのですが、数量を入力しているうちに市場の価格が43万円台になったため、なかなか約定しません。

 

(ー_ー)zzzzZZZZ

 

価格が下がるのをじっと待つこと10分間…

 

ステータスが「完了」になり、無事約定したようです。

注文履歴、約定

資産状況を確認すると、BTC資産に「0.00099850」が表示されています。0.001ビットコインから手数料の0.0000015ビットコインを引いた結果です。初ビットコインありがとうございます。次回はビットコインの売り注文を出します。

資産状況