Realtime API

bitFlyerの公式ツイッターアカウントが以下の新機能を発表しました。

低遅延かつ正確なデータ配信を実現しサービス品質を向上するべく、新たに低遅延 Realtime API を自社開発いたしました。
ご利用方法に ...

Thumbnail of post image 061

本記事ではbitFlyer Lightning APIを使って素早く発注するためのプログラミング法について説明します。

テスト環境は前回記事のものをそのまま継続して使うので、実際に試してみる人は前回までの記事を先に読んでお ...

bitFlyer Lightning APIの使い方

本記事ではbitFlyer Lightning APIを使って特殊注文を出す方法について説明します。

テスト環境は前回記事のものをそのまま継続して使うので、実際に試してみる人は前回までの記事を先に読んでおくことをお勧めしま ...

Thumbnail of post image 045

本記事ではbitFlyer Lightning APIを使って取引所に注文を送信する方法について説明します。

テスト環境は前回記事のものをそのまま継続して使うので、実際に試してみる人は前回までの記事を先に読んでおくことをお ...

Thumbnail of post image 048

本記事では、Node.jsのテンプレートエンジンやフレームワークを利用しながらbitFlyer LightningのAPIにアクセスする方法を説明します。

テスト環境は前回記事のをそのまま継続して使うので、実際に試してみる ...

bitFlyer Lightning API

本記事ではAPIを使ってbitFlyer LightningにHTTPリクエストを送信する実装方法について説明します。実際に試してみたい人はNode.jsを先にインストールしておく必要があります。実装を試す人は前回記事を参考にしてイン ...

Thumbnail of post image 140

本記事ではAPIを使って自作プログラムからbitFlyer Lightningに要求を出すための事前準備について説明します。

前回記事ではAPIを使うとどんなメリットがあるのかを説明しました。本記事はAPIを実際に使うため ...

bitFlyer Lightning API

本記事からbitFlyer LightningのAPIの使い方について説明します。話が長くなると思うので数回の記事に分けて説明します。

なるべく分かりやすく説明するので、プログラミングが苦手な人も興味があれば読んでみて下さ ...

Thumbnail of post image 120

本記事ではbitFlyer Lightningのチャート表示「LightChart」について説明します。

LightChartとは、bitFlyer Lightningの画面左上に表示できるチャートの1つです。2018年3 ...

Thumbnail of post image 174

2018年2月8日にbitFlyer Lightning のレバレッジ取引に導入されたSFDのルールが近日中に変更されます。
⇒「SFDとは」

下表は変更前と変更後のルールです。変更前は新規注文、決済注文のどちらで ...

エリオット波動

本記事ではチャートを眺めるときによく使う「エリオット波動」について説明します。

エリオット波動とは、アメリカの会計士のエリオットさんが発見したチャートの波のパターンのことです。

自分が保有している仮想通貨のチャ ...

レバ価格と現物価格

本記事ではbitFlyer Lightningのレバレッジ取引で発生するSFD(Swap For Difference)について説明します。

SFDとは、レバレッジ取引と現物取引のビットコインの価格が10%以上離れたときに ...

ローソク足

本記事では、時間軸が異なるローソク足の力関係について説明します。ローソク足とは何かについては次の記事を参照して下さい。
⇒「ローソク足とは」

bitFlyer Lightningの下図水色枠をクリックすると時間軸の ...

IFD、OCO、IFDOCO

本記事ではbitFlyer Lightningの特殊注文で使えるIFD(イフダン)、OCO(オーシーオー)、IFDOCO(イフダンオーシーオー)について説明します。

こちらの記事を先に読んでおくと分かりやすいと思います。

Thumbnail of post image 032

本記事では、bitFlyer Lightningで使える特殊注文について説明します。この記事を読む前に指値注文と成行注文の記事を読んでおくと分かりやすいと思います。
⇒「指値注文、成行注文とは」

特殊注文とは、数量 ...

指値、成行

仮想通貨取引は株やFXの取引と同じように、値段を指定する指値注文や、値段は指定しない成行注文、条件を指定する特殊注文があります。

本記事では、bitFlyer Lightningで使える指値注文と成行注文について説明します ...

見せ板

本記事では「見せ板」について説明します。記事の最後に対策ツールを置いたので、良かったら使って下さい。

まず「板」とは現在の売り注文、買い注文の一覧を表示したものです。上半分が売り注文、真ん中が最終取引価格、下半分が買い注文 ...

Thumbnail of post image 011

本記事ではチャートに出現するダブルトップとダブルボトムについて説明します。

ダブルトップとは、高値圏でチャートが2つの上向きの頂点をつけることをいいます。価格が一旦下がったあとに、切り返して高値更新にトライしたけど更新でき ...

サーキットブレーカー

本記事ではbitFlyer Lightningで2017年6月から導入されたサーキットブレーカーについて説明します。

サーキットブレーカーとは、価格の急変時に一時的に取引を停止し、時間を置いたあとに取引を再開することをいい ...

bitFlyer Lightning 設定

本記事ではbitFlyer Lightningの設定について説明します。画面をカスタマイズして、デザインや使い勝手を自分好みに変更しましょう。

設定画面を開くには、まずメニューボタン(下図水色矢印)をクリックします。

レバレッジ取引

本記事ではbitFlyer Lightningで使えるレバレッジ取引について説明します。

レバレッジ取引とは、指定した倍率で利益や損失を大きくする取引方法です。レバレッジ(leverage)という単語の意味は「てこの力」で ...

bitFlyer Lightning フィボナッチ

本記事ではbitFlyer Lightningで使えるフィボナッチファンとフィボナッチアークについて説明します。

フィボナッチファンとフィボナッチアークとは、フィボナッチリトレースメントに時間的な概念を導入した指標です。

フィボナッチリトレースメント

本記事ではbitFlyer Lightningで表示できるフィボナッチリトレースメントについて説明します。

フィボナッチリトレースメントとは、フィボナッチ数列から導き出される値を利用して、トレンドとは逆方向に動きだした相場 ...

bitFlyer Lightning 色々な線

本記事ではbitFlyer Lightningのチャートに描ける自由線、矢印線、水平線、垂直線、円形、四角形について説明します。

前回記事でチャートに直線を引く方法を説明しました。他の図形も直線の手順と似たような手順ですが ...

bitFlyer Lightning 直線

本記事ではbitFlyer Lightningのチャートに直線を引く方法について説明します。

価格がだんだん上がってきている、または、下がってきているといった状況で、その流れがどこまで続くのか気になることがあります。

bitFlyer Lightning アルーン

本記事ではbitFlyer Lightningで表示できるアルーンについて説明します。

アルーンとは最高値、最安値からの経過本数をもとにトレンドを判断するのに使う指標です。

まずはアルーンを表示してみましょう。 ...

Thumbnail of post image 030

本記事では、bitFlyer Lightningで使えるDPOについて説明します。

DPO(Detrended Price Oscillator)はトレンドを除去したオシレーターです。Detrendedの単語の意味は「トレ ...

Thumbnail of post image 200

本記事ではbitFlyer Lightningで表示できるOBVについて説明します。

OBVとは、出来高の数量をもとにトレンドの先行きを予測するのに使う指標です。

ちなみに、OBV は On Balance V ...

MFI

本記事ではbitFlyer Lightningで表示できるMFI(Money Flow Index)について説明します。

MFIとは、価格変動と出来高をもとに買われすぎ、売られすぎを判断するのに使う指標です。「エムエフアイ ...

Thumbnail of post image 156

本記事ではbitFlyer Lightningで表示できるストキャスティクスRSIについて説明します。

ストキャスティクスRSIとは、特定期間のRSIの最大値と最小値に対して今回のRSIがどの位置にいるかをもとに、買われす ...

RSI

本記事ではbitFlyer Lightningで表示できるRSI(Relative Strength Index)について説明します。「アールエスアイ」と読む人が多いです。

RSIとは、全体の価格変動に対する上昇の割り合い ...

MACD

本記事ではbitFlyer Lightningで表示できるMACDについて説明します。

MACDとは、異なる指数平滑移動平均線(EMA)の差分を利用してトレンド変換をいち早く把握するために使われる指標です。指数平滑移動平均 ...

Thumbnail of post image 039

本記事では、bitFlyer Lightningで表示できる「出来高」について説明します。

「出来高」とは、売買が成立した数量のことです。例えば、1ビットコインを50万円で売りたいAさん、1ビットコインを50万で買いたいB ...

ジグザグチャート

本記事ではbitFlyer Lightningで使えるジグザグチャートについて説明します。

ジグザグチャートとはチャートの上昇、下降をシンプルに捉えるために、距離を置きながら高値と安値をジグザグに結んだ線のことです。

Thumbnail of post image 144

本記事ではbitFlyer Lightningで使えるシャンデリアシステムについて説明します。

シャンデリアシステムとは、ローソク足の上下に引く補助線で、主に手仕舞い(ストップロス)のタイミングを図るのに使う指標です。

Thumbnail of post image 077

本記事ではbitFlyer Lightningで使える一目均衡表(いちもくきんこうひょう)について説明します。

一目均衡表とは、過去の値動きは未来の値動きに影響を与えるという考え方のもと、未来の値動きを予測するのに使うテク ...

ケルトナーチャネル

本記事ではbitFlyer Lightningで使えるケルトナーチャネルについて説明します。

ケルトナーチャネルとは、指数平滑移動平均線の上下に変動幅の補助線を引いたテクニカル指標です。補助線に近づいたときや、補助線を突き ...

ボリンジャーバンド

本記事ではbitFlyer Lightningで使えるボリンジャーバンドについて説明します。

ボリンジャーバンドとは、移動平均線と、移動平均線に対する価格のばらつきを想定した上下の補助線のことです。移動平均線って何だという ...

パラボリックSAR

本記事ではbitFlyer Lightningで使えるパラボリックSARについて説明します。

パラボリックSARとは、上昇トレンドと下降トレンドの切替わりをいち早く察知して、売り、買いをタイミングよく行うために使われる放物 ...

平滑移動平均線

本記事ではbitFlyer Lightningで表示できるテクニカルツールの平滑移動平均線について説明します。

移動平均線とは、一定期間の終値の平均をグラフにしたものです。上昇トレンドや下降トレンドを判断するために使ったり ...