イーサゼロは結局何だったのか。

2018年1月27日

2018年1月19日(日本時間1月20日)にイーサリアムのハードフォークによって誕生したEtherZero(イーサゼロ)は、結局、日本の取引所では付与に関するアナウンスはされることなくハードフォークが行われました。

そして、2018年1月26日現在、海外取引所のBinanceにおいてもイーサゼロは配布されていません。

もしかして2017年12月10日のビットコインプラチナムと同じような詐欺案件だったのか?プロモーションムービーまで作っておいて詐欺?

 

と思いましたが、ビットコインプラチナムは通貨そのものが存在しなかったのに対し、イーサゼロはYobitという海外取引所で付与されて取引が開始しているので、完全に架空のものではないようです。

下図はYobitのイーサゼロのチャートです。付与直後の価格は置いておいて、高値に約35000円をつけたあとは下落基調が続き、現在は約5000円で取引されています。

Yobit ETZチャート

 

思えば、そもそもイーサゼロの公表されている機能に胡散臭さを感じていました。それは「送金手数料がゼロ円」と「処理性能が秒間1万件以上」いう点です。

NEOやIOTAも送金手数料が0円なので、不可能な価格設定ではないですが、こんなうまい話があるのだろうか。また、NEMのカタパルトでトランザクション処理毎秒4000件ですごいと言われているなか、いきなり毎秒1万件と言われると誰もが注目します。

もしかして、これって注目を集めるために言っているだけなのではないか。。と

Binance 送金手数料

 

実はイーサゼロを手に入れる方法はハードフォークだけではなく、プレセールでも購入できたのですが、その内容にも胡散臭さを感じるところがありました。

公式ページにはプレセールについて以下のように記載されています。

How to buy ETZ:
The pre-sell is sold out. Contact us if you need any helps [email protected]

EtherZero improvement scheme
Total suppy: 194million=97million for hard fork+97million for reservation
The 97million for hard fork
Pre-sale 20million: 1ETH= 3300 ETZ, will be locked for 4 terms, unlock 20% every 20 days
Reserved: 77million
Total supply 194million/ 11700=1.65, so the presale changed from 1:200/133 to 1:3300, which would provide larger possible profit for our early investors.
Those who already invested EtherZero would get the same ratio as now, that is 1ETH= 3300 ETZ. If you don’t favor this scheme, or you would like to get your ETH back, please contact [email protected]

 

上記のように、何とプレセールでは 1ETH で 3300 ETZが買えたのです。。たしか、以前見たときは1 ETH で 200 ETZくらいのはずでしたがどんだけ大判振る舞いやねん。。(・□・;)

仮に11万円で1ETHを購入し、プレセールに申し込んで3300 ETZを手に入れてすべて5000円で売れた場合、1639万円の利益。。

「プレセールは売り切れです。 何か助けが必要な場合はお問い合わせください[email protected]」というメッセージ。もしメールをしたら大量のETZを売りつけられる気配がしますね。

ていうか、プレセールの前にホワイトペーパーを公表すべきですよね。

 

2018年1月20日に、イーサリアムを保管するウォレットとしてよく使われるMyEtherWalletの公式ツイッターからイーサゼロについて以下のツイートがされました。

直訳すると

EthZeroを調べた結果、私たちは以下について明確になっていません。
・コードは何なのか
・誰が作ったのか
・適切にライセンスされているのか
悪意のある複数の.exeと結合されているため、あなたのシステムとETHが危険にさらされるので、ETHZEROに関連するものをインストールや使用しないことをお勧めします。

こんな感じになりますが、これってイーサゼロは詐欺確定って言っているような。

なお、Yobitは送金や着金ができなくなることがあるという話を聞くので、この取引所は使わない方がいいと私は考えています。なので、Yobitにイーサリアムを送っておけば良かったとは思いっていません。Yobitが付与したイーサゼロはYobitの自演コインなんて噂まで出てしまう始末です。

といっても、仮想通貨格付け「B-」を取得したカルダノ(ADA)も最初は詐欺コインと言われていました。イーサゼロはこれからどうなっていくのかこっそりと見続けようと思います。今は買うことはお勧めしません。

以上、信頼できるプロジェクトかどうかを見極める力をつけるために今後も努力しようと思う出来事でした。