新年のご挨拶。2018年前半の仮想通貨市場で注目していること。

2018年1月23日

新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

2017年12月後半は人気新作ゲーム「ポコパンタウン」のサイト作りに注力していたため、ここのサイトの更新を一時中断していました。これからは定期的に更新を続けていくので、これからもよろしくお願いします。

仮想通貨元年の2017年はバブルバブルと言われる圧力をもろともせず、滝を登る竜のように上がっていくビットコインがカッコいい一年となりました。

ビットコイン2017チャート

 

価格の急騰が起きていることは確かですが、ブロックチェーンという画期的な技術を使った新しい経済圏が確立されつつあることは確かなので、価格が上がろうが下がろうが仮想通貨は今後も注目され続けることだと思います。

そしてこれからは、私たちの生活でも仮想通貨を使う機会が徐々に増えてくると思います。コンビニに行ったときに仮想通貨を使って支払いする日がくることが楽しみでしかたありません。

海外旅行に行くときも円を外貨に換金して重たい小銭を持って行かなくてもよく、スマホ1つを持っていって海外でそのまま支払い。そのうち、カバンも財布も持たずにスマホ1つだけ持って海外に遊びに行く日がくるかも知れませんね。

2018年前半の仮想通貨市場で私が注目していることを挙げておきます。

基軸通貨がビットコインキャッシュに変わるか

日本の取引所を使ってアルトコインの売買をする場合、円建てて取引をしますが、海外の取引所を使う場合はビットコイン建てで売買することが多いです。このように、ビットコインは仮想通貨市場の基軸通貨として使われています。

しかし、ビットコインは取引量が多くなると数日経っても届かないという送金詰まりが発生したり、送金手数料が数千円もかかるという欠点があることを2017年の価格高騰と取引量の増大で皆が気が付きました。

一方、ビットコインのハードフォークから生まれたビットコインキャッシュは性能と手数料の点でビットコインよりも優れています。そのため、基軸通貨がビットコインからビットコインキャッシュにシフトする可能性があると言われています。

ビットコインの送金手数料が現在レートで3000円近くかかるのに比べて、ビットコインキャッシュの送金手数料は300円以下。圧倒的な価格差です。

個人的にはビットコインにこのまま頑張ってもらいたいところですが、もしシフトの流れが発生したときの変化は想像以上に速いはずです。2018年はビットコインとビットコインキャッシュの関係がどうなっていくのかに注視しましょう。

ビットコインの価格が上がっていないにも関わらず、ビットコインキャッシュが急に伸び始めたら注意です。

NEMがビットコインの時価総額を超えるか

NEM

アルトコインのNEM(ネム)は、誰もが自由で平等に参加できる新しい経済活動を目指して作られた仮想通貨で、今後の送金手段の主流になると言われるほどの存在です。
⇒「ネムについてもう少し詳しく

2017年12月までは下表のようにビットコインの時価総額の1%程度で価格も30円前後でした。

仮想通貨の時価総額1位~10位

 

あれから存在感がどんどん大きくなり、2018年1月現在ではビットコインの時価総額の6%になっています。今後ネムがビットコインの時価総額にどこまで近づくのかに注目です。

仮に、ネムが現在のビットコインの時価総額の半分になったときの価格は、

128630341488.5 ÷ 9000000000 = 14.29ドル

日本円にして1609円です。

ネムの時価総額20180104

TRONがどこまで注目されるか

TRON

TRON(トロン)は、ゲームや音楽、画像などのデジタルコンテンツをブロックチェーンで共有、保護するシステムです。ビットコインは取引記録をネットワーク上で分散管理するのに対し、トロンはデジタルコンテンツをネットワーク上で分散管理するということです。

作ったデジタルコンテンツをシステムにアップしたり、欲しいコンテンツを手に入れたりするときにトロン(TRX)を使ってやり取りするので、広告をベタベタ貼る現在のネットのマネタイズ方式が一変するほどの画期的なシステムになると言われています。システムがリリースされるのはまだ先ですが、早く使ってみたいですね。

日本の取引所にTRONが上場される話もあるようで、もし上場されれば大きな注目を集める可能性が高いです。トロンの今後に注目です。