LENDROID(レンドロイド)|個人間で暗号通貨を貸し借りする

2019年1月13日

Lendroidとは?

Lendroidは、個人間でデジタル資産の貸し借りができるプラットフォームを開発するプロジェクトです。

現在はお金を借りるときは銀行や消費者金融などの企業に行くのが普通です。

たまに、個人同士で貸し借りをする人がいますが、貸した、返した、逃げたなどの金銭トラブルのもとになるので危険です。

そこで、Lendroidは個人同士の貸し借りを安全に行うプラットフォームを構築します。そのプラットフォームで使われる暗号通貨がLendroid Support Token(LST)。

貸し借りするのは法定通貨ではなく暗号通貨です。暗号通貨を担保に入れて、暗号通貨を借りることになります。担保にできるのは最初は暗号通貨ですが、将来的にはマイルやAmazonポイントなどのデジタル資産も対象になります。

Lendroid
(引用元:http://fx-masa.com/coin/lendroid_pr.pdf)

 

貸したい人は、貸したい金額ぶんのLSTをLendroidプラットフォームの貸付プールに入れます。

借りたい人は、ビットコインなどの暗号通貨をLendroidプラットフォームに担保として預け入れ、借りたい金額ぶんのLSTを受け取ります。

 

その後、借りた人は期限内に借りたLSTを利息を付けて返却します。これにより担保も返却されます。

貸した人は利息を含めたLSTを受け取ります。

 

期限内に返却できなかった場合は、預け入れた担保が貸した人に渡ります。

 

いつの間にか、ホワイトペーパーには貸した暗号通貨を信用取引や空売りに利用する仕組みについて記載されていました。レバレッジは2.5倍だそうです。

個人から暗号通貨を借りてレバレッジ取引。。

In this whitepaper, we elucidate a protocol on the Ethereum blockchain that makes an attempt to bring together lending, leveraged margin trading and short selling onto a single protocol – decentralized, trust-independent, non-rent-seeking – which seeks to overcome ‘on-chain’ limitations of inadequate computational power, latency and impractical gas cost by creating a symbiotic off-chain infrastructure supported by incentivized participants.
…省略…
Borrower pledges collateral, eligible for 2.5 times leverage

Lendroid
(引用元:ホワイトペーパー)

暗号通貨で暗号通貨を借りる人はいるのか?

借りるということは、当然利息をつけて返さなければいけません。

貸す人も踏み倒されるリスクを背負っているので、当然金利は高くなると予想されます。

高い金利を払って暗号通貨を借りるくらいなら、担保に預ける暗号通貨を使ってやりたいことをやればいい。

暗号通貨を担保に入れて暗号通貨を借りる利点はありません。

担保に入れた暗号通貨の金額よりも高い金額の暗号通貨を借りれるのであればありですが、そうなると、貸す側に元本が戻ってこなくなるリスクがあります。

日本人向け説明資料には、任意で保証人をつけて第2担保とすることが記載されていますが、知らない人の保証人になりたい人はいません。

また、保証人も利息の一部ももらえるそうですが、そうなると金利がさらに高くなることが懸念されます。

ゲリラ上場

2018年3月16日にgate.ioに公式アナウンス無しで突如上場しました。

この上場は期間限定となって6月16日に上場廃止となりました。上場廃止時の価格は約0.2円。

Lendroid gate.ioに上場
⇒参考「gate.io LST/ETH

 

2018年3月13日にIDEXという取引所にも上場しています。

こちらは2019年1月現在も取引可能です。現在価格は約0.1円(2019年1月9日)

ちなみに、ICO価格は3.6円です。

IDEX LST
⇒参考「IDEX LST/ETH

 

ハシーブ氏はプロジェクトメンバーなのか?

LendroidはBitAccess創業者のHaseeb Awan氏が開発チームに加わっていることで注目を集めました。

Twitter Haseeb Awan
⇒引用元:Twitter「Haseeb Awan

 

しかし、ハシーブ氏がTwitterでLendroidのことを一言もつぶやいていないのと、Google検索にもHaseeb氏本人がLendroidについてコメントしているものは見つかりませんでした。

日本人向け説明資料のLendroidチームの一覧にHaseeb氏は載っていません。本当にHaseeb氏はLendroidチームにいるのでしょうか。いないのでは。。

Lendroidチーム
(引用元:http://fx-masa.com/coin/lendroid_pr.pdf)

 

Lendroidが詐欺であることを訴えるMediumやTwitterのページがあります。

CEOのVignesh Sundaresan(ヴィグネシュ・スンダレサン)は過去に詐欺をしたことがあると説明しています。公式はこのページの内容を否定しています。


⇒引用元:「Lendroid is a scam

1年契約でボーナス2.5倍

TRS契約でLSTを12ヶ月以上保有する契約をした保有者は、LSTの総供給量の10%と未販売ぶんを含めた36億枚を配分するそうです。

少なくとも枚数が2.5倍になるようです。ボーナスを考慮すると、契約者のICO価格は2.5分の1以下になります。

TRS Vesting Bonus Pool

From a pool of 3.6 billion tokens, the TRS Contract calculates and allocates bonus tokens to registered participants who chose to vest their tokens, over a 12-month period.

There are two components that make up the TRS bonus pool:

10% of the total supply of LST reserved exclusively for the TRS — 1.2 billion LST
Unsold tokens originally allocated for the TGE — 2.4 billion LST
Therefore, the total bonus pool is 3.6 billion LST. Through the TRS, registered participants who choose to vest their tokens get a 25% guaranteed bonus from the reserved supply of 1.2 billion LST, and also a pro rata distribution of the 2.4 billion unsold tokens. That’s a total bonus of 150%.

To put it simply, the total LST for registered vesting participants would be at least 2.5 times their LST generated during the TGE.

トークン情報

会社の所在地が良く分かりません。現在のCEOはHaseeb Awan氏ではありません。

項目 内容
発行元会社
発行会社 不明
所在地
所在地 不明
CEO
CEO Vignesh Sundaresan
トークン名
トークン名 Lendroid(レンドロイド)
シンボル
シンボル LST
総発行枚数
総発行枚数 不明、60億枚(仲介会社)、31億枚(Etherscan)、12億枚(Coinmarketcap)
ホワイトペーパー(英語)
ホワイトペーパー(英語) http://bit.ly/2CUyD5k
ホワイトペーパー(日本語)
ホワイトペーパー(日本語) たぶん無し
トークンセール(2017/10~2018/2)
トークンセール
(2017/10~2018/2)
1枚 約3.4円~約3.6円

関連ページ

関連ページに問題は見つかっていません。

項目 内容
公式サイト
公式サイト https://www.lendroid.com/
Twitter公式(英語)
Twitter公式(英語) https://twitter.com/lendroidproject
Twitter公式(日本語)
Twitter公式(日本語) たぶん無し
Telegram公式(英語)
Telegram公式(英語) https://t.me/lendroidofficial
Telegram公式(日本語)
Telegram公式(日本語) たぶん無し
Medium公式
Medium公式 https://blog.lendroid.com/
Youtube公式
Youtube公式 たぶん無し
Facebook公式
Facebook公式 たぶん無し
CoinMarketCap
CoinMarketCap https://coinmarketcap.com/currencies/lendroid-support-token/

管理人オススメの取引所

Binanceは海外の取引所ですが、ビットコイン以外の仮想通貨を取引するなら必須といえる存在の取引所です。理由は、日本の取引所で扱っていない将来有望のアルトコインを安い手数料で売買できるからです。セキュリティとサーバーも安定していて文句無し。

Zaifの凄いところは、ビットコインの取引手数料がマイナスであることです。つまり、取引すれば逆に手数料がもらえます。使い心地は他の取引所に劣りますが、それでも使いたい取引所です。イーサリアムやネムなどの人気のアルトコインが手数料無料で取引できるのも嬉しいです。