アルトコイン「NEM(ネム)」の今後を考える

2018年1月23日

2017年12月現在、頭角を現しつつあるアルトコインに「NEM(ネム)」があります。

NEMは、New Economy Movement(新経済運動)の略で、誰もが自由で平等に参加できる新しい経済活動を目指して作られた仮想通貨です。ビットコインの欠点を完璧に補っているので、今後の送金はビットコインではなく、NEMが主流になると予想する人がいるほどです。

本記事では、ビットコインとNEMの違いと、NEMの今後について考察します。

NEMは環境にやさしい

ビットコインは、マイニング(採掘)という計算処理を行って一番早く解を導き出した者に報酬が与えられる仕組みになっています。そのため、高性能なマシンと沢山の電力を使うことができる人や団体が富を得ることができ、普通のパソコンしか持ってない個人や、電気代が高額な日本では太刀打ちできません。

「電気をガンガン使おう」みたいな状況は、地球環境保護の観点でもあまり好ましいものではありません。しかも、不正なアタックを抑止するためとはいえ、難易度を上げて計算に一定の時間がかかるようにしているのも地球に優しくない感じになっています。

一方、NEMでは、ビットコインのマイニングにあたるものを「ハーベスティング(収穫)」といい、既定の枚数を保有していれば、高性能なマシンや沢山の電力を使えない人でもハーベスティングに参加して報酬を得ることができます。保有枚数や貢献度によって報酬枚数は変わりますが、ランダムの確率で報酬が配られます。

このように、電力をあまり消費せずにマイニングが可能で、かつ、マイニングによる富を分配しているNEMは、地球環境保護の観点からもやさしい感じになっています。

NEMはブロック生成間隔が短い

ビットコインのブロック生成間隔は仕様上、10分になっていますが、NEMのブロック生成間隔は1分です。取引が承認される間隔がNEMのほうが圧倒的に短いということです。

ビットコインを使った取引が増大している影響で、2017年11月にビットコインを送金して数日経っても届かないという大幅な遅延が発生しました。ビットコインの高騰によって送金手数料も上がっていることを考えると、今のままではビットコインが日常生活の送金、決済手段として浸透するのは難しそうです。

それに比べてNEMは送金したあとに「あれ、もう届いたの?」ってくらい速攻で届きます。今後、取引が増えたとしても問題ありません。

ちなみに、ビットコインの未確認取引は「BLOCK CHAIN」で確認できます。

ビットコインの未確認取引

NEMが高騰

2017年12月9日にNEMが28円から80円まで一時的に高騰しました。

理由は、NEMがWeChatと提携して、WeChatのアプリ内からNEMを友達に送金できるようになるというニュースが流れたためです。しかし、提携のニュースは間違いで、サードパーティーが独自に開発したツールだということが分かり、すぐに下落しました。

2017年12月現在は40円台で推移しています。

NEMのチャート 20171210

 

今回のニュースを見て「WeChatって何だ?」と思った人もいると思います。

WeChatとは、日本で人気のLINEのような友達とメッセージをやりとりするアプリです。中国ではLINEの使用が禁止されているためWeChatを使う人が多いです。数億人がこのアプリを使っていると言われています。アイコンがLINEと似てますね。

WeChat

 

私はWeChatを使ったことがなかったので、アプリをインストールして使ってみました。以下がプレイ動画です。LINEと同じように絵文字もスタンプも使えます。

NEMの今後の価格

2017年12月11日現在のビットコインの時価総額が約2814億ドルで、NEMの時価総額は約37億ドルです。つまり、ビットコインの規模くらべてNEMはまだ1.3%しかありません。伸びしろはまだかなりあると考えられます。

なお、NEMの発行枚数は90億枚で、最初からすべて発行されているので今後増えることはありません。「すべて発行済みでどこからハーベスト報酬が出るの?」と思った方、ナイス気づきです。報酬はNEMの送金手数料から支払われます。

仮に、時価総額が現在のビットコインの半分の1407億ドルになったと仮定した場合のNEMの価格を計算してみると、

140700000000ドル ÷ 9000000000枚 = 15.63 ドル

15.63 ドルを現在の為替レートで日本円にすると1775 円です。

仮想通貨の時価総額1位~10位
出典「Cryptocurrency Market Capitalizations

2018年にカタパルトという機能が実装されて1秒間に4000件ものトランザクション処理が可能になるそうです。んーすごい。

アルトコインが気になる人は、NEMの今後の動きにも注視していきましょう。