仮想通貨取引を始めるための準備

2018年1月28日

仮想通貨の売買を始めるためには、まず仮想通貨取引所のアカウントを作成する必要があります。以下の取引所は、金融庁の仮想通貨交換業者に登録されている取引所です。

bitFlyer bitFlyer
(ビットフライヤー)
coincheck coincheck 申請中
(コインチェック)
Zaif Zaif
(ザイフ)
bitbank bitbank
(ビットバンク)
BTCBOX BTCBOX
(ビーティ―シーボックス)
QUOINEX QUOINEX
(コインエクスチェンジ)
GMOコイン GMOコイン
(ジーエムオーコイン)
BitTrade BitTrade
(ビットトレード)
FISCO Cryptocurrency Exchange FISCO Cryptocurrency Exchange
(フィスコ クリプトカレンシーエクスチェンジ)
DMM Bitcoin DMM Bitcoin
(ディーエムエムビットコイン)
SBI Virtual Currencies SBIバーチャル・カレンシーズ
(未オープン)

 

アカウントを作成するときに取引所に足を運んだり、申し込み用紙を郵送したりする必要はありません。インターネットに接続できるPCさえあればOKです。

これから取引所の使い方やチャートの見方について説明していく上で、実際に操作しながら記事を読んだほうが理解が深まるので、bitFlyerのアカウントをまだ作成していない人は以下のリンクから作成をお願いします。
⇒「bitFlyerアカウント作成

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

アカウント作成の手順は簡単です。メールアドレスを入力して「アカウント作成」ボタンを押します。

アカウントの作成

 

すると入力したメールアドレス宛てにキーワードが届くので、キーワードを入力して「アカウント作成」ボタンを押します。

キーワードを入力

 

「ご利用規約」、「プライバシーポリシー」などの青文字をクリックすると、bitFlyerを利用するときのルールや注意事項を読めます。

4つのチェック項目にチェックを入れて「bitFlyerを始める」ボタンを押します。

bitFlyerを始める

 

以上でアカウントの作成は完了です。

続いて「まずは取引時確認の入力からはじめる」ボタンを押して住所、氏名、生年月日などの登録に進むことができますが、あとで時間のあるときにするなら×ボタンを押して画面を閉じます。

取引時確認の入力

 

取引時確認を登録して、bitFlyerから住所確認ハガキが届くまでは仮想通貨の売買をすることはできません。下図画面右下の赤いボタンを押して登録できるので、早めにやっておきましょう。

ただし、取引時確認が完了していなくても取引画面は見ることはできるので、実際に画面を操作しながら本サイトの記事を読み進めることはできます。

住所確認ハガキが届くまで、本記事を読みながらbitFlyer Lightningの使い方を覚えてしまいましょう。

トップ画面