ビットコインを購入する。

2017年9月28日

前回記事でbitFlyerの口座への入金が無事完了し、資産状況のJPYに1万円が表示されました(下図赤矢印)。

本記事では、この1万円を使ってビットコインを購入してみようと思います。

資産状況

 

ちなみに、JPYとはJapanese Yen(日本円)の略です。JPYの他にBTCやらETHやら3文字の用語が列挙されていますが、これは仮想通貨のことです。仮想通貨といえばビットコインが有名ですが、他にもいろいろな仮想通貨が存在し、取引されています。

通貨コード英語表記日本語表記
JPYJapanese Yen日本円
BTCBitcoinビットコイン
ETHEthereumイーサリアム
ETCEthereum Classicイーサリアムクラシック
LTCLitecoinライトコイン
BCHBitcoin Cashビットコインキャッシュ

 

BTCの価格に「427227」と書かれていますが、これは1ビットコインが42万7227円であることを表しています。

(・□・;)高っ!!

最初の記事で見たときは13万7699円だったので、数か月たらずで実に3.1倍にもなりました。何という価格の跳ね上がり方、バブルなのか何なのか私のような新参者には適正価格がどのあたりなのか見当がつきません。

「いきなり、42万7227円も払ってらんねーよ。」

と思った人、安心して下さい。ビットコインは1よりも小さい小数点以下の単位で購入できるのです。最少取引数量は取引所によって異なっていて、bitFlyerでは「0.001BTC」に決められています。まるでビットコインの硬貨を細切れにしたみたいな扱いですね。

細切れにしたビットコイン

2017年9月現在の「1BTC=42万7227円」から0.001BTCの価格を計算すると427.227円。円には小数点以下は無いので、切り捨てて427円です。私のようなお小遣い制で生活している社会人でもビットコインを買えるのです。

そこで、記念すべき最初のビットコイン購入は最少単位の0.001BTCにしましょう。

ビットコインを手に入れる方法は主に以下の2通りがあります。

項目説明
ビットコイン販売所取引所(bitFlyer)が販売しているビットコインを購入する。
ビットコイン取引所ユーザー間でビットコインを売買する。

 

まずはビットコイン販売所を見てみましょう。画面左側メニューの「ビットコイン販売所」をクリックして移動します。

ビットコインを購入する場合の価格(1BTC=46万4832円)、売却する場合の価格(1BTC=42万8839円)が表示されています。例えば、1ビットコインを購入した直後に売ると3万5575円の損になります。。

えー!そんなぁ(・□・;)

ビットコイン販売所

 

とりあえずビットコイン販売所は置いておいて、次にビットコイン取引所を見てみましょう。。画面左側メニューの「ビットコイン取引所」をクリックして移動します。

株の売買でよく見る「板」が表示されています。43万円台の値がついています。これなら、買った直後に売るとほとんど同じ値段で売り買いできます。

板の見方などは置いておいてとりあえず0.001BTCをここで購入してみようと思います。

 

そこで、下図赤枠の数量(BTC)に「0.001」を入力して、「コインを買う」ボタンを押してみたところ「ブー!」という警告音が。。

画面下(下図緑枠)を見てみると「取引時確認が完了するまで、仮想通貨の売買はご利用いただけません。」というエラーメッセージが表示されていました。おっと、本人確認がまだ完了してなかったです。また明日仕切り直します。

取引時確認が完了するまで、仮想通貨の売買はご利用いただけません。

[adsense_bf]