ビットコインが再度100万円を超える。ビットコインとアルトコインのチャートを並べて分かる動きの特徴

2018年2月17日

2018年2月15日、ビットコインの価格が再び1BTC100万円を超えました。2月1日に100万円を割って2月6日に底値64万円を付けたあと、わずか9日間での100万円超えです。

今回の大暴落は世界規模の規制報道という過去最大の攻撃力だったので、半年は停滞が続くのかと思っていたところこの展開。。まだ油断できる状況ではないですが、ビットコインの底力にはいつも感動させられます。

 

ビットコイン価格の暴落時は必ずアルトコインも一緒に暴落する傾向があります。好材料で爆上げしたアルトコインであっても、間もなく価格が元に戻ることが多々あります。

そして、ビットコインの価格が回復しはじめると、それを追随するかのようにアルトコインの価格も上がり始めます。本記事ではビットコインと主要アルトコインのチャートを比較して、ビットコインの上昇にアルトコインがどれくらい追随しているかを確認します。

下図はビットコインとイーサリアムの4時間足のチャートを比較したものです。左側のY軸はイーサリアム、右側のY軸はビットコインの価格を表しています。グラフが被っているからといって2つが同じ価格というわけではないので誤解しないでください。

ビットコインの上がる下がるに合わせて、イーサリアムも同じように上がる下がるしているのがわかります。気になるのは、2月15日から2月16日のビットコインの上げにイーサリアムが付いていってないことです。

今までの傾向だと11万円くらいに位置している状況です。

BTC ETH チャート 20180216

 

下図はビットコインとリップル(XRP)の4時間足のチャートを比較したものです。左側のY軸はリップル、右側のY軸はビットコインの価格を表しています。

最近ではリップルの2月10日の急激な上昇が印象的でしたが、その後は落ちついています。

BTC XRP チャート 20180216

 

下図はビットコインとビットコインキャッシュの4時間足のチャートを比較したものです。左側のY軸はビットコインキャッシュ、右側のY軸はビットコインの価格を表しています。

2月8日~9日のビットコインキャッシュの伸びが印象的です。

BTC BCHチャート20180216

 

下図はビットコインとNEMの4時間足のチャートを比較したものです。左側のY軸はNEM、右側のY軸はビットコインの価格を表しています。

NEMもビットコインに合わせて上げ下げしてきましたが、2月7日からビットコインが上昇しても追随しない状況が続いています。ハッキング事件で流出したNEMの囲い込みが上手くいっていないのが重しになっているように感じます。しかし、事件によって私の姪っ子もネムを知っているほど知名度が超絶アップしたので、コインチェックでのNEMの補償が行われたあとの展開に期待できます。

 

下図はビットコインとLISKの4時間足のチャートを比較したものです。左側のY軸はLSK、右側のY軸はビットコインの価格を表しています。

1月31日にbitFlyerにLISKが上場したことで価格を大きく上げましたが、ビットコインの下落とともに上場前の価格よりも大きく下落しました。その後、ビットコインの上昇とともに、凄い上昇率で上がってきています。2月20日のリブランディングの期待上げが含まれていると考えられます。

LSK BTC チャート20180216

 

下図はビットコインとカルダノ(ADA)の4時間足のチャートを比較したものです。左側のY軸はADA、右側のY軸はビットコインの価格を表しています。

2月12日以降、ビットコインの価格上昇の追随が弱くなっていることが分かります。

BTC ADA チャート20180216

 

下図はビットコインとライトコインの4時間足のチャートを比較したものです。左側のY軸はライトコイン、右側のY軸はビットコインの価格を表しています。

2月14日からLTCが急激に上昇しています。LitePayのリリースとライトコインキャッシュのハードフォークが好材料となって上がっているようです。

BTC LTC チャート20180216

まとめ

まだ油断はできませんが、2月6日からビットコインが回復基調に入っています。ビットコインと主要アルトコインのチャートを比較したところ以下のことが分かりました。

・ビットコインキャッシュとリップルはビットコインと同じような上昇率で上がってきています。

・ビットコインより元気に上昇しているのはリスクとライトコインです。

・ビットコインの上昇にあまり追随していないのはイーサリアム、NEM、ADAです。ビットコインの回復基調が継続すると考える場合、上昇を見越して先に仕込んでおくのもありでしょう。