SPINDLE(スピンドル)|個人投資家がヘッジファンドに投資を依頼するプラットフォーム

2019年1月7日

2018年5月19日、GACKTが参加するICO「SPINDLE」が海外取引所のYoBit、HitBTC、Livecoin、BTC-Alphaに上場しました。

 

人気アーティストのGACKTが参加しているICOのため、仮想通貨のことをよく知らなくてもこのICOは知っている人は結構います。愛称は「GACKTコイン」

あまりの人気で、2018年5月1日に幕張メッセで開催予定だったSPINDLEの大型カンファレンスの来場希望者が殺到し、事故を防ぐためにカンファレンスが中止となりました。

SPINDLEは、世界中のすべての人が投資、運用を通じて自立して生きていくための環境を作ってくれるプロジェクトです。
⇒公式サイト「SPINDLE

ホワイトペーパーのバージョンは1と2があり、内容がガラッと変わるので投資を検討している人は両方読んでおいたほうがいいかも知れません。ただし、バージョン2の日本語のものが見当たらないので、日本語版の場所を知っている人は教えてもらえると助かります。
⇒公式サイト「Whitepaper 1.3 日本語
⇒公式サイト「Whitepaper 2.0 英語

 

SPINDLEはブロックチェーンとスマートコントラクトを用いた投資、運用のプラットフォームを構築するプロジェクトです。

下図はホワイトペーパー(Ver1.3)で公開されたSPINDLEのサービスフロー です。SPINDLE利用者はアプリを通して仮想通貨のヘッジファンドに投資を依頼し、運用利益を配当として受け取る流れになっています。また、VISAとMasterCardに対応したデビットカードでの決済も可能になるようです。


⇒引用元「Whitepaper 1.3 日本語

 

ホワイトペーパー(Ver2.0)では、SPINDLEが実装するプログラム「ZETA」が公開されました。


⇒引用元「Whitepaper 2.0 英語

 

ZETAは以下の4つフェーズに分けて開発されます。

フェーズ1:監視・レポートサービスのプラットフォーム
フェーズ2:分散型取引所の構築
フェーズ3:クレジットスコアリングシステム
フェーズ4:AIによる分析/評価を分散クレジットスコアリングシステムに追加

フェーズ1のプラットフォームにはブロックチェーン技術が使われます。改ざんが不可能で適切な投資判断ができるためのツールとして、ユーザーは無料で利用できます。

フェーズ2では、何と分散型取引所を作るそうです。

クレジットスコアリングとは、統計モデルにもとづいて信用度に点数をつけることをいいます。高スコアを得たユーザーや企業は優遇されるようです。

ざっくりな説明になりましたが、まとめるとSPINDLEは投資・運用のプラットフォームと分散型取引所を作り、信頼性の高いデータをもとに個人や企業の投資活動を手助けする環境を作ってくれます。詳細はホワイトペーパーを読んで下さい。


⇒引用元「Whitepaper 2.0 英語

 

プレセール(2018年1月末)では1 SPD= 0.0060 ETHで販売していました。2018年1月中旬~月末までのイーサの価格は約85000円~138000円だったので中央値の111000円でイーサを買ったと仮定すると、1 SPD = 0.00600×111000 = 666円になります。

その後、SPINDLE運営から「1 SPDの価値を20分の1にし、配布枚数を20倍にする」というリバリューの連絡が入りました。つまり、1 SPD= 0.00030 ETH(約33.3円)で買ったのと同じ意味になります。

SPINDLEの総発行枚数は100億枚です。1SPD=666円のままだと、時価総額が666円×100億枚=6兆6600億円になってリップルの時価総額を超えてしまいます。これではあまりにも目立ちすぎるので、SPINDLEの単価を下げたと考えられます。

 

2018年4月29日からのクラウドセールでは0.00030 ETHに10%上乗せした1 SPD = 0.00033 ETHで販売が開始しました。

下表はクラウドセールの各期間ごと販売価格です。4月29日から5月15日のイーサの価格は70000円~90000円をウロウロしていたので、SPINDLE購入直前に円をイーサに換金して支払った場合は、クラウドセールで買った方がお得になりました。ガチホしているイーサから支払った場合はプレセールの方がお得です。

販売期間 1SPDあたり 日本円換算
4/29 ~ 5/6 0.00033 ETH 約26.6円
5/7 ~ 5/11 0.00036 ETH 約28.7円
5/12 ~ 5/15 0.00048 ETH 約36.5円

⇒引用「Token Sale rating & review for Spindle ICO

 

そして、SPINDLEは2018年5月19日にYoBit、HitBTC、Livecoin、BTC-Alphaに上場しました。上場予定の取引所はもう1つあったらしく、GACKTいわく、世界初の5ヵ国同時上場だそうです。

上場後の価格を見てみましょう。下図はHitBTC の SPD/USDのチャート(2時間足)です。

上場から数時間で約16.6円に到達しました。その後はしばらく売買が行われず(メンテ?)、売買再開から約3.3円まで暴落しました。

2018年5月21日現在は約6.4円まで回復しています。

。。

(・□・;)3.3円

これはICO割れというやつです。プレセール価格約33.3円の10分の1まで一時価格が下がりました。

 

下図はHitBTCのSPD/BTCのチャートです。初値は28.3円で、そこから一気に大暴落して約0.2円をつけたあと、2018年5月21日現在は約5.7円まで価格を戻しています。

それにしても、HitBTCはナイアガラの滝みたいなチャートから始まることが多い気がします。約0.2円で売ったのは運営、それとも、開始直後の利確を狙った成行売りの失敗だろうか。

 

ちなみに、HitBTCのリストに載っているSPDはSPINDLEじゃないという声がちらほら聞こえましたが、公式アカウントのツイートを見た限りではSPDはSPINDLEだと思うので安心して下さい。

 

BTC-Alphaはまだ誰も取引していません。

 

SPINDOLは期待の声が多かったICOだけあって少し残念な船出となりました。しかし、ホワイトペーパーで説明している投資・運用のプラットフォームの開発が順調に進めば、GACKTの名声とともに再びSPINDOLが注目を集め、価格が上がることも期待できます。

PATRONといい、SPINDOLといい、知名度の高い国産ICOが超絶ICO割れから始まる事象が連続で起きるとは、最近のICOは油断なりません。ICOは用法、用量を守って正しく投資しましょう。

最後に、GACKTから皆に展開してほしいメッセージがあるそうなので載せておきます。

おはようございます。 AdminのGACKTです。

皆さんももうお気づきだったかもしれません。今回、上場する取引所は一つではありません。
519、【世界初・5カ国同時上場】となりました。

そして、これは通常の仮想通貨ではありえませんが、年内には12カ国の取引所に上場する段取りを取っております。

上場前に発表ができなかったのは、チームメンバーのウダが言った通り上場予定が延期されることによる各種弊害を避けるため、取引所上場の確実性を以て発表することを採択しました。ICOの上場は時間の遅れが多々あります。株の世界とは異なり問題も多々起こります。ご理解ください。

そして、以前から何度も申し上げている通り、SPINDLEは上場がゴールではありません。ここから我々が目指す世界を作るために、一つ一つのサービスを開始していきます。我々がこれから提供する【ZETA】というプラットフォームはその名の通り、形をドンドン進化させながら皆さんの想像を超えるものとなっていきます。

ここにいる一人でも多くの方が、共にSPINDLEを高みへとあげる同士になれることを心から願っております。

さて、ICOにすでに関わられた方、他のICOのテレグラムグループに参加されている方なら理解していただけるとは思いますが、このSPINDLEのチームメンバーであり中核を担っているウダは非常に実直で真面目なオトコです。これほどまでにテレグラムグループでのみなさんの言葉に対し、例え、同じ質問であったとしても実直に向き合う彼の姿勢、ここまでみなさんの質問に対し、こまめに向き合うICO関連の方をボクは他で見たことがありません。

もちろん、彼もSPINDLEの作業に昼夜問わず追われていますが、こういった皆さんの言葉の一つ一つにも耳を傾けそして向き合うことを自分の寝る間を削ってでもこのように動くオトコです。 ボクGACKTは、こういった実直さも含め、彼の能力なら一緒にやれると感じ、出会ったときから信じ今に至ります。

もちろん、SPINDLEはこれから改善点なども多く見られることだと思います。 皆さんが思うことはこのテレグラムのオフィシャルグループで文字にしていただいて結構です。ボクたちSPINDLEのチームは常にチェックをしています。そして、メッセージを読みながらそれを取り入れる努力を惜しみません。このチームはひいき目なしに見ても非常に度がつくほど真面目なチームです。

そして、言ったことは必ずやり遂げることを約束します。これはボクGACKT自身の言葉でもあります。スピンドルのファンでよかった、仲間でよかったと必ず言わせます。期待しててください。

長くなりましたが、ここから発表される内容は皆さんにとってワクワクするものばかりです。もちろん、それはSPINDLEの価格に大きく影響してくることでしょう。SPINDLEが世界のTOP10の仮想通貨になることも遠くはありません。

そして、このSPINDLEのプロジェクトが単発的な利益だけを望むものではないことは理解していただけると思いますし、SPINDLEが関わってくださる皆さんにとって、それぞれお持ちの夢を実現させるための手助けになることを心から信じております。

みなさんの想いを背負ってSPINDLEはどんどん成長していきます。これからも応援をよろしくお願いします。

P.S
ボクGACKTもウダもこの数ヶ月でかなり老けました。。。でも、このプロジェクトに関われたことを心から誇りに思っています。

このメッセージが一人でも多くのSPINDLEファミリーに届くように何度か、メッセージをコピペしていただけると恐縮です。

ありがとうございます。

GACKT

管理人オススメの取引所

Binanceは海外の取引所ですが、ビットコイン以外の仮想通貨を取引するなら必須といえる存在の取引所です。理由は、日本の取引所で扱っていない将来有望のアルトコインを安い手数料で売買できるからです。セキュリティとサーバーも安定していて文句無し。

Zaifの凄いところは、ビットコインの取引手数料がマイナスであることです。つまり、取引すれば逆に手数料がもらえます。使い心地は他の取引所に劣りますが、それでも使いたい取引所です。イーサリアムやネムなどの人気のアルトコインが手数料無料で取引できるのも嬉しいです。