アンゴロウNFTをゲットする手順

アンゴロウNFTは、アンゴロウ暗号資産研究ちゃんねるが発行するNFTです。

アンゴロウが飛んだり、マイニングをしたり、髪型を変えたりなど、何かをしているイラストのNFTです。

アンゴロウは新しいNFTを発行したら、先着100名様にプレゼントしています。

この記事では、NFTを始めて触る人のために、アンゴロウNFTを手に入れる手順を説明します。

はじめに

NFTは好きなアドレスに送れますが、アドレスが間違っていたり、取引所のアドレスに送ってしまうと、そのNFTは永久ロストとなります。

1作目では取引所のアドレスで応募した人も多く、永久ロストが多発しました。

今後も同様のケースが起きるのは望ましくないので、

2作目以降はOpenseaの最低販売価格(約5ドル)で販売し、売上を購入者に送り返すことでプレゼントとすることにしました。

なお、返金はアンゴロウのアドレスに着金したコインを機械的に送り返すだけです。

購入者がアンゴロウNFTを手に入れるまでにかかった準備費用、Opensea手数料、デザイナーさんのロイヤリティ報酬は返金されないのでご了承下さい。

イメージは、5ドルで買って4.6ドルが戻ってくるイメージです。

それでは、アンゴロウNFTを手に入れる手順へレッツゴー

メタマスクの準備をする

メタマスクは、暗号資産のウォレットです。

NFTを買うには自分のウォレットをNFTマーケットプレイスに接続する必要があります。

ウォレットにも色々ありますが、今回はメタマスクで説明します。

メタマスクにはモバイル版とデスクトップ版があり、この記事ではデスクトップ版で説明します。

ブラウザはChromeです。

メタマスクをインストールしていない人は以下の手順でインストールして下さい。インストール済みの人は「ポリゴンネットワークの追加」まで飛ばして下さい。

Chromeウェブストアのメタマスクのページにいき、「Chromeに追加」ボタンを押します。

Chromeウェブストアはこちら

「MetaMaskを追加しますか?」と聞かれるので、「拡張機能を追加」をクリックします。

「開始」ボタンを押します。

「ウォレットを作成」ボタンを押します。

「MetaMaskの品質向上へのご協力のお願い」が表示されるので好きな方を選んで下さい。

ここでは「同意する」ボタンを押します。

パスワードの作成画面が表示されるので、

8文字以上の好きな文字列を入力、利用規約の同意にチェックを入れたあと「作成」ボタンを押します。

パスワードは忘れないようにメモを取って大切に保管して下さい。

動画を観たあと「次へ」ボタンを押します。

黒い部分をクリックすると、シークレットリカバリーフレーズ(12個の単語)が表示されるので、正確にメモして下さい。

シークレットリカバリーフレーズは資産を守るために最も重要な文字列なので大切に保管して下さい。誰にも教えてはいけません。

メモをとったら次へボタンを押します。

シークレットバックアップフレーズの単語の順番がごちゃごちゃになって表示されるので、メモを見ながら、シークレットバックアップフレーズの順番どおりにクリックして下さい。

終わったら「確認」ボタンをクリックして下さい。

「おめでとうございます」が表示されたらインストール作業は完了です。

「すべて完了」ボタンを押して下さい。

ポリゴンネットワークを追加する

ブラウザの右上に、黒いパズルピースみたいのがあるのでクリックして下さい。

拡張機能の一覧が表示され、その中にMetaMaskがあるので、ピン止めマークをクリックして下さい。

すると、パズルピースの横にキツネマークが表示されます。

キツネマークをクリックして下さい。

メタマスクのトップ画面が表示されます。

(※先に、パスワードを聞かれる場合もあります。)

「イーサリアムメインネット」をクリックして下さい。

「ネットワークを追加」をクリックします。

ネットワーク追加画面が表示されるので、下記内容を入力したあと「保存」ボタンを押して下さい。

ネットワーク名:ポリゴンネットワーク
新しいRPC URL:https://polygon-rpc.com
チェーンID:137
通貨記号:MATIC
ブロックエクスプローラーのURL:https://polygonscan.com/

画面右上のキツネマークをクリックしてメタマスクのトップ画面を開き、

「ポリゴンネットワーク」、「0 MATIC」が表示されていればポリゴンネットワークの追加は成功です。

バイナンスからメタマスクにMATICを送金する

バイナンスの新規登録方法から説明すると時間がかかりすぎるので、バイナンスに登録済みで、コインを買ったことがある前提で話を進めます。

バイナンスの現物取引で10MATIC(現在1800円ぶん)を買って下さい。

10MATICの理由は、バイナンスのMATICの送金可能最低枚数が10枚だからです。

買い終わったらWallet(下図①)⇒Fiat & Sport(下図②)⇒MATICの「Withdraw」順にクリックして下さい。

出金画面が表示されました。

キツネマーク(下図①)をクリックしてメタマスクのトップ画面を表示したあと、下図②のコピーマークをクリックして下さい。

出金画面のアドレス入力欄(下図①)にコピーした文字列を貼り付けて下さい。

次に、ネットワークの入力欄(下図②)をクリックして下さい。

ネットワークの選択画面が表示されるので「MATIC」を選択して下さい。

ここ重要です。必ずMATICを選択して下さい。

間違うと面倒なことになります。必ずMATICを選択して下さい。

送金枚数(下図①)に10を入力したあと、Withdrawボタンを押して下さい。

あとはいつも通り、認証作業をして送金を完了させます。

ちなみに、送金手数料は0.1MATIC(現在価格で17円くらい)です。

数分待ってメタマスク画面を見ると、送金したMATICが着金しています。

MATICをWETHに両替する

アンゴロウNFTを買うにはラップドイーサ(WETH)が必要なので両替します。

メタマスク画面のスワップボタンを押して下さい。

スワップ元のMATICに「5」、スワップ先に「ETH」を入力し、「スワップの確認」ボタンを押します。

枚数は5以外でも構いませんが、今後の手数料のために全部両替はせず、少し残しておくことをお勧めします。

確認画面が表示されるので、内容に問題がないかを確認したあと「スワップ」ボタンを押します。

ちなみにガス代は約1.2円です。

しばらくしてメタマスクのトップ画面を見ると、ETHが追加されています。

これでアンゴロウNFT購入前の準備が整いました。

アンゴロウNFTを買う

OpenseaのアンゴロウNFTのページを開いて下さい。

画面右上にある財布マークをクリックして下さい。

右側にウォレット選択画面が表示されるので「MetaMask」を選択して下さい。

メタマスク画面に「https://opensea.io」が表示されていることを確認したあと、「次へ」ボタンを押して下さい。

「接続」ボタンを押して下さい。

Opensea画面の右上の丸マークに色が付いていれば接続OKです。

次に、下の方にあるアンゴロウの絵をクリックして下さい。

アンゴロウNFTの登場です。

イーサリアムヘアーがキマってます。

まだ売り切れていないときは「Buy now」ボタンが青色で表示されているので、クリックして下さい。

メタマスク画面に「https://opensea.io」が表示されていることを確認したあと「署名」ボタンを押して下さい。

注意メッセージが表示されるので、読んだあと下のチェックボックスをクリックして下さい。

利用規約の承諾(下図①)のチェックボックスをクリックしたあと、「Confirm checkout」ボタンを押して下さい。

「unlock」ボタンを押して下さい。

メタマスク画面に「https://opensea.io」が表示されていることを確認したあと「署名」ボタンを押して下さい。

成功すると「unlock currency」の左横に緑色のチェックマークが付きます。

(※unlockは失敗することも多いです。失敗した場合は根気強くunlockボタンを押すところからやり直して下さい。)

次に「Sign」ボタンを押して下さい。

メタマスク画面に「https://opensea.io」が表示されていることを確認したあと「署名」ボタンを押して下さい。

画面中央のCompleteに緑のチェックマークがつけば購入成功です。

最後に、無事自分のところにNFTが届いたか確認します。

Opensea画面右上の丸マークをクリックして下さい。

自分のプロフィール画面が表示されます。

Collectedの中にアンゴロウNFTが表示されていれば、無事NFTが届いています。

後日、アンゴロウのアドレスからWETHが届くので確認して下さい。

以上がアンゴロウNFTをゲットする手順です。

うまくいきましたか?

メタマスクなどのウォレットは今後Web3の世界を楽しむために必要になるので、始めてウォレットやNFTを使った人も今後の役に立つことだろうと思います。

これからも暗号資産を楽しみながら爆益していきましょう。