中嶋義人、宮脇咲「ビットシェアプロジェクト」

2019年1月1日

【お知らせ】
このプロジェクトを利用した方は現状についてコメント頂けると幸いです。約束どおりのサービスを受けれなかった。億万長者になれなかったなどの被害コメント歓迎です。

 

月収◯千万円、年商◯億円、ネットビジネスで成功を収め、全国でセミナーを開催し、◯千人の教え子を持つと言いながら登場した詐欺プロジェクトの主催者をネット検索してみても、本人らしき情報がまったく見つからないことがあります。

逆に、インタビュアーのほうが知名度があって稼いでそうに思えることもあります。

最近登場した仮想通貨投資案件に「ビットシェアプロジェクト」があります。私はこれは詐欺案件だと思っています。本記事ではその理由を説明します。

なお、私が詐欺だと思っているだけで、実際に詐欺かどうかは現時点では明らかになっていません。この記事は、プロジェクトへの参加、不参加を強制することを目的としたものではないので、他のサイトの情報や家族、友人の意見も参考にして、ご自身の判断のもと投資するかどうかを決めて下さい。

また、本記事で使用している画像と動画のすべては、検証を目的として一般公開されているものを引用したものです。

(引用元:http://bit-share.jp/movie/start/)

ビットシェアプロジェクト

 

このプロジェクトは、元手不要、スキル不要、リスクゼロで上場確定の仮想通貨を無料で受け取ることができるプロジェクトです。

主催者は中嶋義人氏(なかじまよしと)。インタビュアーは宮脇咲氏(みやわきさき)。

中嶋義人、宮脇咲

 

中嶋義人氏は月収4000万円を稼ぐスーパーアフィリエイターで、かつ、数千の成功者を輩出してきたという凄まじい経歴を持っているそうです。年収にすると4億8000万円。一流のプロ野球選手もビックリです。

数千の成功者を輩出してきたということは、ネット上には感謝のコメントがたくさん見つかるはずです。

そこで、Googleで「中嶋義人」をシークレット検索してみたところ、中嶋義人氏と思われる情報はビットシェアプロジェクトのもの以外何も見つかりませんでした。よって、中嶋義人は偽名、または、経歴が嘘ということになります。

Google検索「中嶋義人」

 

インタビュアーの宮脇咲氏は、「ミヤネ屋」というTV番組のインタビューで一瞬出演したことがあります。

「人生変わりました。ビットコインで。」

という一言だけの出演でしたが、一目惚れする男がたくさんいて話題になっていました。

 

宮脇咲氏は、原田陽平氏の恋人と言われています。原田陽平氏は、ネットビジネス業界の詐欺師といわれる人で、2018年3月に「元手ゼロから億万長者」とういICO投資プロジェクトを立ち上げています。

宮脇咲氏自身も[email protected]を使って仮想通貨関連の怪しい情報商材やICOの紹介を積極的に行っている、いわゆるネットビジネスで稼いでいる人です。

ちなみに、2018年6月11日に発売される「誰も知らないビットコインの正しい増やし方」に宮脇咲氏が掲載されるそうです。

正しい増やし方が本当に正しい増やし方でありますように。

Twitter「宮脇咲」
⇒引用元:Twitter「宮脇咲

 

第1回の動画の長さは25分と短く、稼ぐ方法は具体的に語られませんでしたが、セールスページも含めて確認できる範囲で検証します。

このプロジェクトが稼ぐ方法はアフィリエイトです。セールスページには「世界初のICOアフィリエイト」と記載されています。

 

アフィリエイトとは、ブログやサイトに広告を貼って収益を得るビジネスのことをいいます。広告をクリックすると報酬が発生するものや、リンク先の商品が買われた時点で報酬が発生するものなどがあります。

ということは、仮想通貨ICOアフィリエイトは自分のブログにICOの広告を貼るビジネスなのかと考えた人もいると思いますが、上図の説明文に「専属のアフィリエイト専門チームがあなたの代わりに毎週、毎月ガンガン稼ぐ」と書いてあるのと、下図の説明文に「投資金0円、即日収入」と書いてあります。

ビットシェアプロジェクト

 

自分のサイトやブログを運営していない人がアフィリエイトをやるためには、サイトの構築や記事を作成するのにある程度の日数がかかるので、「投資金0円、即日収入」というわけにはいきません。

よって、世界初の仮想通貨ICOアフィリエイトは、参加者がプロジェクトのアフィリエイト専門チームに投資をし、専門チームがICOのアフィリエイトで稼いだ収益を参加者に配当するビジネスモデルと予想されます。

しかし、このビジネスモデルには変な点があります。そもそも、アフィリエイト専門チームは参加者から投資金などもらう必要などなく、自分たちでICOのアフィリエイトをしてそのまま自分たちの懐にいれればいいだけの話です。

最初に投資金をもらったあとに、投資金以上の金額を投資家に払い続けたいと思う人はどれほどいるでしょうか。そんなことをするくらいなら、初めから投資金などいらないと思うのが普通です。

 

よって、もし今後のプロジェクトの説明で、参加費30万円を払えば、アフィリエイト専門チームが永続的にICOアフィリエイトで稼いだお金をあなたに配当すると言いだした場合は参加費30万円を持ち逃げするための投資話と思ったほうがいいです。

また、参加者が受け取れる仮想通貨について、中嶋義人氏は以下の動画のように言っています。

 

今後上場することが確定している仮想通貨を受け取れるといっていますが、仮にその仮想通貨が詐欺プロジェクトチームが適当に作った詐欺コインだった場合はどうでしょうか。

詐欺コインなら参加者にいくら配当しても痛くも痒くもありません。参加費30万円をもらったあとに、無価値同然のコインを参加者に配り続ければ、苦情を気にせずに参加費30万円をせしめることができたということになります。

中嶋義人氏は仮想通貨市場について以下の動画のように言いました。

 

以下の動画のようにも言いました。

 

「他のどんなビジネスよりも、他のどんな投資よりも仮想通貨が一番大きく稼げる。」

「いま、この仮想通貨の市場に参入すれば、誰もが大きく稼げてしまう。」

「仮想通貨は物凄いパワーがあって世界中に波がきている。なので、視聴者も絶対にその波に乗るべき。」

「今この波に乗り遅れると絶対に損をする。」

と言っていますが、この話を聞いて少し古い話だと思いませんでしたでしょうか。仮想通貨市場は2017年12月に大暴落をして2018年6月現在も低迷中ですが、動画の中で大暴落については一言も触れていません。

それどころか、今現在が仮想通貨バブル真っ最中でどんどん価格が上がっているような雰囲気を感じます。

これはどういうことか。。もう少し動画の内容を細かく見てみましょう。

中嶋義人氏は仮想通貨の資産家であることを証明するために2つの資産管理画面を見せました。

1つ目はコインチェックという取引所の総資産管理画面です。総資産は1億7858万2543円と表示されています。

 

残高はJPY 「0」、BTC「97.8047635」、ETH「974.185」と表示されています。この画面に違和感を持った人ナイス直感です。

ビットシェアプロジェクト コインチェック総資産管理画面

 

そうです。2018年6月現在のコインチェックの総資産管理画面は下図のように仮想通貨はABC順に表示されます。

先ほどの画面はJPY、BTC、ETH、ETC、DAO、LSKの順番に並んでいますが、この並び方は2017年12月以前の表示です。よってこの証拠画像は半年以上前の画面ということが分かります。

また、JPYがピッタリ0というのも気になります。BTCやETHをコインチェックで売買したのであれば、売買時に発生した端数が残っていてもよさそうなものです。

ちなみに、筆者はコインチェックからは仮想通貨をすべてウォレットに移動したので現在は228円しかありません。

 

2つ目はCryptofolioという資産管理アプリの画面です。この画面は保有資産の証拠にはなりません。なぜなら、どの仮想通貨をどれだけ保有しているかはユーザーが自由に設定することができるからです。

BTCの現在価格は125万600円、BCHの現在値は17万2800円、

Cryptofolio

 

DASHの現在価格は8万6500円、ETHの現在価格は5万2200円が表示されています。

Cryptofolio

 

証拠画面を見せている最中に画面上部の前日比が更新されたので、現在値はリアルタイムで更新されていることがわかります。

 

CryptofolioのBTC(ビットコイン)は125万600円と表示されています。ちなみに、2018年6月現在のBTCは75万円です。

2017年のBTCが125万円の日付を調べてみました。bitFlyerで2017年12月3日に123万8610円~132万4670円の値動きをしています。

bitFlyer 2018年12月3日チャート

 

Zaifの、2017年12月3日のBCH(ビットコインキャッシュ)の値動きは15万7905円~17万9460円。証拠画像(Cryptofolio)のBCH現在値は17万2800円。

Zaif BCH 20171203

 

Zaifの、2017年12月3日のETH(イーサリアム)の値動きは5万1625円~5万3980円。証拠画像(Cryptofolio)のETH現在値は5万2200円。

Zaif ETH 20171203

 

Coincheckの、2017年12月3日のDASH(ダッシュ)の値動きは8万4756円~8万9620円。証拠画像(Cryptofolio)のDASH現在値は8万6500円。

Coincheck DASH 20171203

 

上記のように、Cryptofolioのすべての現在値が2017年12月3日の値動きの範囲に収まったので、この動画は半年以上前の2017年12月3日に撮影されたものであることが明らかになりました。

中嶋義人氏は動画の中で「今この波に乗り遅れると絶対に損をする。」と発言しましたが、

動画自体が波に乗り遅れてるやん。

という結論になりました。

以上、ビットシェアプロジェクトの検証結果です。

私の予想では、このプロジェクトは仮想通貨相場が活気づいている2017年12月にローンチをかけようと思って動画を撮影した矢先に仮想通貨の大暴落が発生し、公開のタイミングを逸したプロジェクトと予想します。

仮想通貨相場の状況はファンダメンタルズの影響を受けながら日々刻々と変化しています。そんななか、半年以上も昔の動画を流して、元手もスキルもリスクも無しで稼げることを約束するプロジェクトを信用する人はいるのだろうか。