ビットコイン3日連続陽線ならず。チリーズとシバトークンが上場で急騰

アンゴロウ

今日も暗号資産市場の1日の変化のチェックを報告します。

私事ですが、今日は韓ドラでよく出てくる緑の瓶の焼酎をプレゼントでもらったので飲みました。

350ml缶2本が限界のアンゴロウが、アルコール度数17%

足から火が出そうだ。

今日の爆上げコイン

上位コインの中で、今日爆上げしたコインは

無し

昨日19時の価格から全てのコインがマイナス

一番下落率が小さかったのは、

ビットコイン

マイナス2%

一番下落率が大きかったのは、

インターネットコンピューター

ビットコインは6月13日、14日が陽線になり、6月に入って初めての4万ドルに乗せたので、

2ヶ月ぶりの3日連続陽線が期待されたが、

3日連続ならず

4万ドルを割った。

下げまくりが話題のインターネットコンピューターは6月12日に最安値52.9ドルをつけたあと、

出来高は多いまま反発した。

その後2日間で最大33.8%アップしたあと、相場全体の動きに合わせて下落に転じている。

今日の取引量爆増

※取引量は24時間取引量(金額)の推移です。

昨日夜は1200億ドル

減少が続いて1000億ドルを切る直前まで下がってきた。

上位コインの取引量は

すべてマイナス

取引量の減少が大きいのは、

ポルカドット

ソラナ

下図はポルカドットの1時間足チャート

ポルカドットは、昨日コインベースProが上場を発表した直後から取引量が爆増した。

上場ツイート直前の価格は23.8ドル

ツイート直後に25ドル、6時間後に26ドルまで上昇した。

ツイート直前から9.2%アップ

その後下落に転じて、6月16日20時に上場ツイート直前の価格を割った途端に大きく下落した。

つまり、上場ツイート後に買ってガチホしていたら含み損

時価総額100以内のコインで、取引量の増加が目立っていたのは、

チリーズ(CHZ)

シバトークン(SHIB)

増加の理由は、コインベースProが上場を発表したから。

二夜連続の上場発表です。

Keep Network(KEEP)も上場しています。

ポルカドットよりも反響が大きい。

上場を発表した時刻は、日本時間で6月16日午前1時58分

チリーズは上場発表直後から24H取引量が爆増

今でも増加が続いていて、昨日の4.2倍まで増加している。

チリーズはスポーツチームの意思決定にファンが参加できるプラットフォーム

上場ツイート40分前から取引量が増え始め、ツイート直後に7.9%まで吹き上げた。

上場ツイート40分前から取引量が急増した理由は、公式サイトでの公表が先だったのか、インサイダーなのかが気になるところだ。

下図は1時間足チャート

上場ツイート直後に0.34ドルまで吹き上げたあと、上場ツイート直前の価格を一時割ったけど、再び上昇して17時に0.368ドルまで上がった。

ツイート直前価格から16.8%アップ

現在は0.338ドル

ちなみにチリーズは、今年3月にアメリカにオフィスを設立して、アメリカのスポーツチームにもチリーズの普及を目指すことを発表して爆上げした。

1月11日の安値は0.015ドル

3月12日の最高値は0.944ドル

63倍

シバトークンは、犬コインブームの先頭で爆上げしたコイン。

シバスワップという分散型取引所が今後オープンする。

上場発表直後に取引量が3.5倍まで爆増した。

下図はシバトークンの1分足チャート

上場ツイート前から取引量と価格は上昇しているけどチリーズほどではない。

上場ツイート直後から爆上げし始めて、18分間で

31.2%アップ

下図は1時間足チャート

上場ツイートから18分後に高値をつけたあとは動きが小さい。

ちなみに、シバトークンは今年超ド級の上昇をして話題になった。

去年2020年7月31日の上場初値は0.0000000001ドル以下

4月20日に上場初値から

4万3351倍

まで上昇

しかしそこでドラマは終わらず、大手取引所OKExの上場発表が好感視されて上場初値から最大

39万3351倍

まで上昇した。

アンゴロウ