広田丈二「NEXT LIFE PROJECT」

2019年1月1日

【お知らせ】
このプロジェクトを利用した方は現状についてコメント頂けると幸いです。約束どおりのサービスを受けれなかった。億万長者になれなかったなどの被害コメント歓迎です。

 

詐欺師は、ネットビジネス業界や仮想通貨投資に詐欺が多いことを批判しながら自分も詐欺商材を紹介するという異様な事態になっています。

最近話題になっている仮想通貨投資案件に「NEXT LIFE PROJECT」があります。私はこれは詐欺案件だと思っています。本記事ではその理由を説明します。

なお、私が詐欺だと思っているだけで、実際に詐欺かどうかは現時点では明らかになっていません。また、本記事で使用している画像と動画のすべては、検証を目的として一般公開されているものを引用したものです。

NEXT LIFE PROJECT

 

このプロジェクトは、仮想通貨とAI(人工知能)とアプリの力を掛け合わせた、世界初の資産形成アプリ「オートビットシェア」を使って富を操ることができるようになるプロジェクトです。

主催者は広田丈二氏。エネルギッシュな若手議員のような印象です。

広田丈二

 

広田丈二氏は2017年の詐欺案件「パーソナルバンクオーナーズクラブ(ビリオネアコインバンク)」の主催者をしていた詐欺師です。

パーソナルバンクオーナーズクラブとは、仮想通貨と銀行とAI(人工知能)の力を掛け合わせて、100%お金を完全自動で増やし続けることができる世界初の銀行を持てるプロジェクトです。

パーソナルバンクオーナーズクラブ(ビリオネアコインバンク)

 

パーソナルバンクオーナーズクラブの説明では、1万円を10億円に増やす参加者が続出していて、作業は一切何もせずに毎日数十万円が受け取れるという話でした。

参加費は20万円です。50万円を追加で払うと、上位クラスのVIPコースに入ることができます。しかし、ツールを稼働してもまったく稼げず、返金を要求しても対応してもらえない被害者の方が続出しています。というか、稼げている人は一人もいないのかも知れません。

被害者の会のLINEグループがあるようなので、情報を共有するためにLINEグループに招待してもらえないかお願いしてみました。もし、話を聞くことができたらここに追記します。

そして、今回のプロジェクトは、

NEXT LIFE PROJECT

 

前回のプロジェクトは「人工知能 × 銀行 × 仮想通貨」そして、今回のプロジェクトは「人工知能 × アプリ × 仮想通貨」

。。(・□・)

銀行がアプリになっただけやん。

プロジェクトから届いたLINEメッセージも比較してみましょう。下図左が「パーソナルバンクオーナーズクラブ(前回)」、右が「ネクストライフプロジェクト(今回)」です。

LINEメッセージ比較

 

文章がほとんど同じ。。この時点で、前回と同様に今回のプロジェクトも詐欺と結論付けていい気もしますが、検証を続けます。

動画の内容を確認します。

舞台は香港です。なんと広田丈二氏は、香港で行われる世界の仮想通貨のトップ60名の会議にこれから出席すると言いました。インタビュアーの青木氏は会議の撮影を許可して欲しいとお願いしましたが、トップクラスの会議のためカメラはNGとのことです。

そこで、広田丈二氏が会議が始まる前の雰囲気を撮影してくれることになりました。その会議の始まる前の様子が以下の動画になります。

 

。。(・□・)

これは、会議が始まる前の様子じゃなくて、何かのセミナーが始まる前の様子では。。

一般人が椅子に座ってセミナーが始まるのを静かに待っているように見えます。そんな中、パーティーなどの賑やかにしゃべっているような音が動画に付け加えられていて、食器をまとめるシャリンという音が鳴っています。レストランかい。

よって、仮想通貨のトップ60名の会議というのは嘘であることが明らかとなりました。

そもそも、2018年3月頃に仮想通貨トップ60名の会議が香港で開かれたというニュースはありませんし、広田丈二氏以外の会議に出席した人の名前が一人も紹介されていません。

 

トップ60名の会議が終わり、広田丈二氏のインタビューをするために、二人は広田丈二氏の会社が入っているビルに移動しました。

広田丈二氏の会社がどこにあるのか気になっている人もいると思うので動画を分析してみましょう。

まず香港は下図青矢印の場所にあります。日本の南西です。

香港の場所

 

香港を拡大すると下図になります。ちなみに、香港ときいて私が連想するのはジャッキーチェンです。サモハンキンポー、ユンビョウ と繰り広げるドタバタカンフー映画をよく観てました。

下図点線箇所をあとで拡大します。

 

動画の中で高層ビルの上層部から景色を眺めるシーンがあります。下図黄枠の建築物を覚えておいて下さい。

 

先ほどの地図の青枠箇所を拡大して衛星画像にすると下図になります。黄枠の建築物が一致します。

よって、二人は下図水色枠のビルから景色を眺めていることが分かります。

 

上図水色枠のビルは天際100(sky100)という名前の超高層ビル(高さ393m)で、香港で一番高いビルとして有名です。展望台に登って景色を眺めることができるので、香港に旅行に行った人はぜひ行ってみて下さい。

この部屋は広田丈二氏の会社の会議室だそうです。望遠鏡が置かれています。

 

窓枠はこんな下図のように、白くカクカクした感じです。

 

下図はsky100の中にある「ザ・リッツ・カールトン 香港」という名前のホテルの部屋の写真です。望遠鏡があります。

よって、彼らがいる部屋は、広田丈二氏の会社の会議室ではなくホテルの一室である可能性があります。

ザ リッツ カールトン 香港
引用「ザ リッツ カールトン 香港

 

広田丈二氏はミャンマーに銀行を持っていて、そのため政府との関係性も深いと説明しました。

 

ミャンマーに銀行を持っている話は、前回の詐欺プロジェクトのときも言っていましたが、動画に映っていた銀行が広田丈二氏とはまったく関係がない銀行であることがバレています。

今回も銀行名は明かさず。

 

広田丈二氏は参加メンバー全員で利益を出す方法について、1つの仮想通貨を2万人以上のメンバー全員で10秒以内に買うことで価格をつり上げると言っています。

 

確かに2万人全員が10秒以内に買ったら瞬間的に価格は上がりますが、売れなければ利益確定にはならない事実を無視しています。

もし、メンバー以外の人がその仮想通貨を買わなければ、2万人の大量買いのあとに、2万人の大量売りによって大暴落が発生します。よって、全員が利益になるどころか、爆損するメンバーが大量に発生する可能性のほうが高いでしょう。

 

以上、NEXT LIFE PROJECTの検証結果です。

私の予想では、人工知能が指定したコインを皆で一斉に買って爆益を上げるこのプロジェクトは、大量買いからの大量売りの暴落に巻き込まれて大損する参加者が大量発生するプロジェクトと予想します。

全く使い物にならないアプリを提供される可能性もあるので注意して下さい。というか、迷っても参加しないことをお勧めします。

商品紹介ページのスクリーンショットと動画を以下のリンクに格納しています。被害者の方で証拠が必要な方は使って下さい。動画はダウンロードしてから視聴して下さい。
⇒「NEXT LIFE PROJECTデータ

【20180424 追記】

参加費が公開されました。参加すると上級コースへの勧誘電話がかかってきます。

購入してしまった方は被害者の会に参加することをお勧めします。Facebookの岡本かつしさんという方が案内してくれると思います。今後のために被害状況などをこの記事にコメントして頂けると助かります。よろしくお願いします。
⇒Facebook「岡本かつし

NEXT LIFE PROJECT 参加費