佐渡凌一「LEADing Edge Project」

2019年1月1日

【お知らせ】
このプロジェクトを利用した方は現状についてコメント頂けると幸いです。約束どおりのサービスを受けれなかった。億万長者になれなかったなどの被害コメント歓迎です。

 

詐欺師は「必ずあなたを億万長者にしてみせます!僕と一緒に明るい未来を築き上げていきましょう!」のように言ってターゲットの味方であるように装いますが、お金をもらったあとは急にそっけない態度に変わります。

最近登場した仮想通貨投資案件に「LEADing Edge Project」があります。私はこれは詐欺案件だと思っています。本記事ではその理由を説明します。

なお、私が詐欺だと思っているだけで、実際に詐欺かどうかは現時点では明らかになっていません。この記事は、プロジェクトへの参加、不参加を強制することを目的としたものではないので、他のサイトの情報や家族、友人の意見も参考にして、ご自身の判断のもと投資するかどうかを決めて下さい。

また、本記事で使用している画像と動画のすべては、検証を目的として一般公開されているものを引用したものです。

(引用元:https://leading-jp.net/fn01-ahaf/)

LEADing Edge Project

 

このプロジェクトは、自動取引AIシステム「Zetruth(ゼトラス)」を使って、完全放置で半年後に億り人になれるプロジェクトです。ちなみに、AIとは人工知能のことです。

主催者は佐渡凌一氏(さどりょういち)。皆を幸せにするためにゼトラスを開発し、仮想通貨で新しい社会を作っていく柱になるためにこのプロジェクトを立ち上げたそうです。

佐渡凌一

 

以下の動画は佐渡凌一氏から視聴者へのメッセージ。

 

まず「”佐渡凌一”」でGoogleシークレット検索をしてみましたが、今回のプロジェクトの情報以外、佐渡凌一氏らしき人物の情報は何も見つかりませんでした。

Google検索「佐渡凌一」
⇒Google検索「“佐渡凌一”

 

24歳でアメリカに渡り、ビジネススクールに通ってMBAを取得、コンサル会社を起業、米仮想通貨取引所でのシステム管理を統括するなど、アメリカで活躍していたそうなので、「”Ryoichi Sado”」でも検索してみましたが、佐渡凌一氏らしき人物の情報は何も見つかりませんでした。

よって、佐渡凌一氏は今までまったく表舞台に出ないようにしながらアメリカで活躍してきたのか、経歴詐称と偽名を使ってプロジェクトに参加したかのどちらかになります。

Google検索「Ryoichi Sado」
⇒Google検索「“Ryoichi Sado”

 

このプロジェクトが稼ぐ方法は、自動売買ツールです。

情報の中枢にいる佐渡凌一氏がどこよりも速く上流の情報をゼトラスに取り込み、AIが価格の動向を予想、機械学習することで確実に稼げるそうです。暴落するときは資産を避難し、暴騰するときに資産を乗せる作業をAIが全自動、完全放置でやってくれます。

下図は、ゼトラスが稼ぐことができることを証明するための証拠画像です。モニター3名の取引結果のスクリーンショットが並べられています。この画面は「MT4」という無料トレードツールの画面です。

同じシステムを使った全自動売買なので、全員同じ日付で売買しています。

READing Edge Project

 

モザイクがかかって説明しづらいので、ネット上にある画像を使って説明します。下図は、MT4でFXトレードをした結果の画面です。

画面左の「USDJPY」などの黒太字は通貨ペアを表しています。ちなみに、USDJPYはドルと円のトレードです。

「sell 」は売り注文、「buy」は買い注文を表していて、赤、青どちらの色かで売りか買いかを判別できます。上図の証拠画像を見るとすべて買い注文(青色)であることが分かります。

画面右には損益が表示されます。青文字は利益、赤文字は損失を表しています。


⇒引用元「みんなの株式

 

下図は証拠画像の一部を切り取ったものです。

モザイクによって少し隠れていますが、日付が「2018.05.20」「2018.05.22」「2018.05.24」と表示されています。つまり、2018年05月22日から2018年05月24日の取引は利益を出したことになります。

 

下図はビットコインの日足チャートです。2018年5月22日に93万8097円をつけたあと、陰線を3回連続でつけて2018年5月24日まで13万円下落しました。

暴落相場に買いエントリーで利益を出すのは不可能ではないですが不自然です。よって証拠画像は偽造の可能性があります。

というか、仮に証拠画像が本物であったとしても、暴落相場で買いエントリーをし始めるAIシステムを信用するのは難しです。

 

佐渡凌一氏はゼトラスのシステムについて以下の動画のように言いました。

 

佐渡凌一氏はコインチェックのNEM流出事件のあとの暴落時でもゼトラスで利益を出せたことを証明する証拠画像(下図)を見せました。暴落発生の2018年2月20日前後も買いエントリーで利益をあげていることが分かります。

動画では、暴落を察知してゼトラスが安全に資産を避難すると説明していますが、2月の暴落相場での売買は、資産を安全に避難したといえるのかが謎です。

 

過去のプロジェクトでもMT4を使った自動売買ツールが沢山販売されましたたが、本当に継続的に稼ぐことができたという報告は未だ一つもありません。

参考までに、過去のプロジェクトの自動売買ツールを実際に使った人の感想を下表に挙げておきます。

THE TIME BANK SYSTEM と THE FINTECH 2018 は AI を使ったシステムと説明していましたが、AIではありませんでした。

プロジェクト 結果
THE TIME BANK SYSTEM
毎日最低3万円(最高10万円)を約束し、MT4に読み込ませるプログラム(EX4)を提供。
・日に3~10万なんてムリ。10万の資金で3万言ってたけど、大嘘。
・LAND FXのデモ口座で テスト運用。1日まわして、マイナス
・使用してみましたが利益どころかマイナスです。
THE FINTECH 2018
毎日最低7万円とビットコインの分配を約束し、MT4に読み込ませるプログラム(EX4)を提供。
・値動きはあれど自働トレードが反応したことはありません。1週間何も動かないまま。もちろんツールの設定はあっています。誤りはありません。
・何にも動作せず、売買している様子はありません。
・どうみても何も動作していません
・システムが動いている気配がありません。ということは、金額だけ払わせて、ダミーの自動売買ツールを買わされたということなのでしょうか?
・安心して毎日7万円なんて絶対無理。
・誰か運用に成功した人がいたら教えてください!!
GIVE TO WIN
5万円から億万長者になれることを約束し、MT4に読み込ませるプログラム(EX4)を提供。
・ポンドニュージーの売りでロスカット。31万円が少し増えたこともありましたが、結局2日間で、ロスカット2回で5万円に…
・1ヶ月近くたってようやくエントリーされたと思ったら、なんとたった3時間でロスカットになりました。それだけならまだいいのですが、資金の6割を失い驚きました。

 

以上、LEADing Edge Projectの検証結果です。

ドラゴンボールZ、モモイロクローバーZ、スピンドルZETA、日本人は名前に「Z」を付けるとカッコイイと思う人が多いそうです。