西田尚樹、矢田真一郎「Castle」

2019年1月1日

【お知らせ】
このプロジェクトを利用した方は現状についてコメント頂けると幸いです。約束どおりのサービスを受けれなかった。億万長者になれなかったなどの被害コメント歓迎です。

 

詐欺師は「他の人には50万円で売りますが、あなただけ特別価格の29万8000円で売らせて頂きます。」のように言うことがあます。これは、VIP待遇の特別な存在であるとターゲットに錯覚させて、詐欺商品を買わせるための作戦です。

「あなたにだけ」

という言葉を聞いたら、自分だけ特別扱いされる理由があるのかよく考えましょう。

最近登場した仮想通貨投資案件に「Castle」があります。私はこれは詐欺案件だと思っています。本記事ではその理由を説明します。

なお、私が詐欺だと思っているだけで、実際に詐欺かどうかは現時点では明らかになっていません。この記事は、プロジェクトへの参加、不参加を強制することを目的としたものではないので、他のサイトの情報や家族、友人の意見も参考にして、ご自身の判断のもと投資するかどうかを決めて下さい。

また、本記事で使用している画像と動画のすべては、検証を目的として一般公開されているものを引用したものです。

(引用元:http://ico-bitcastlepre-jp.com/july1/)

Castle

 

このプロジェクトは、価格が1000%になるICOに参加できるプロジェクトです。

主催者は西田尚樹氏(にしだなおき)。株、為替、仮想通貨の取引で稼ぐプロトレーダーだそうです。

 

西田尚樹氏は、価格が上がる仮想通貨を見極めるポイントとして以下の動画のように言いました。

 

仮想通貨を見極めるポイントは「仮想通貨の発行元の信用度」と言いました。確かに、どんな企業や人物が関わっているかは、プロジェクトがしっかりと仕事をするのかを見極めるために重要です。

このプロジェクトで紹介するICOに関わる具体的な企業やプロジェクトメンバーは第1話では明らかにされませんでしたが、ICOのアドバイザーがセールスページに掲載されていたので、西田尚樹氏も含めて関係者の信用度について調べてみました。

まずは西田尚樹氏の情報をネットで一生懸命探してみましたが、このプロジェクトの情報以外、西田尚樹氏らしき情報は何も見つかりませんでした。よって、西田尚樹氏は今までまったく表舞台に出ずに活動してきたのか、偽名を使って登場したことになります。

Google検索「西田尚樹」

 

下表は特定商取引法に基づく表示です。

特定商取引法に基づく表示

 

上記表に記載されている販売業者「BOPSCONSULTING PTE. LTD.」についてSingapore Business Directoryのサイトで調べてみると、下図のように同じ住所の会社が9つ登録されていることが分かりました。そのうち8個の会社の登録日が2018年6月です。

同じ住所に別の会社が乱立ってシンガポールではよくあることなのだろうか。。

BOPSCONSULTING PTE. LTD.
⇒引用元:Singapore Business Directory「BOPSCONSULTING PTE. LTD.

 

セールスページには、今回のICOのアドバイザーとして、BLOCKCHAIN PR BUZZという会社に所属する以下の3名が掲載されています。

Castle TEAM ADVISOR

 

下図はJATIN MADHAR氏のTwitterアカウントです。背景にチャート画面が表示されていて投資の専門家のような雰囲気があります。フォロワーも多いので、名の知れた人なのかといっけん思います。

しかし、このTwitterアカウントには変な箇所があります。

Twitter「JATIN MADHAR」
⇒ Twitter「JATIN MADHAR

 

それは、2014年4月にこのアカウントが作られて「let the tweeting begins」という最初のツイートのあとはずっとツイートがなく、2週間前の2018年6月7日からいきなりツイートが再開している点です。

この状況から考えられるのは、知られたらまずいことがあるから、このプロジェクトに合わせて過去のツイートを削除した。または、2014年に作られたアカウントを仕入れ、プロジェクトを演出するために名前とIDを変更してそれっぽく作ったのどちらかです。


⇒ Twitter「JATIN MADHAR

 

JATIN MADHAR氏のフォロワーを確認すると、大半のアカウントが1件もツイートしていないユーザーでした。つまり、このアカウントはダミーのアカウントを作ってフォロワーを増やしているということになります。

Twitter「JATIN MADHAR」
⇒ Twitter「JATIN MADHAR

 

ダミーアカウントがフォローしているアカウントを見てみると、なぜか下図左の「김사열」というアカウントをフォローしているアカウントが多いです。不気味です。

Twitter「Eura Lozanski」
⇒ Twitter「Eura Lozanski

 

上記より、JATIN MADHAR氏のTwitterアカウントはこのプロジェクトを演出するために作られた偽のアカウントということが分かりました。プロジェクトメンバーの偽のアカウントを作ってICOを勧めてくるプロジェクトを信用する人はいません。

JATIN MADHAR氏と、RAGHAV SAWHNEY氏の写真を並べて表示しているページを見つけました。


⇒ 引用元「Medium

 

上記写真から、下図がRAGHAV SAWHNEY氏のツイッターアカウントと思われます。サッカーネタのツイートが大半です。この人は本当にセキュリティが最高レベルの仮想通貨取引所を設立するためのアドバイザーができるのだろうか。

Twitter「RAGHAV SAWHNEY」
⇒ 引用元:Twitter「Raghav Sawhney

 

このプロジェクトで稼ぐ方法は、価格が1000%になるICOに参加することです。

1000%と聞いて1000倍のようなイメージを持った人もいるかも知れませんが、1000%は10倍なので誤解しないようにしましょう。

「タウリン1g配合」と説明したら少なく感じるので、「タウリン1000mg配合」のように説明することで1000って多いな!栄養タップリ!と思わせるのと同じ印象操作です。

 

このプロジェクトが紹介するICOは、セキュリティが最高レベルの仮想通貨取引所が発行する取引所トークンです。金融機関のセキュリティレベルとまったく同じ取引所のため、誰もが安心して使えるようになるそうです。

ちなみに取引所トークンとは、取引所が独自に発行するトークンのことをいいます。取引所トークンを保有しているユーザーは売買手数料が安くなるなどのお得なサービスを受けることができます。

大手取引所のBinance や Kucoinも独自トークンを発行していて、売買手数料がバリ安になるので私も保有しています

なぜ価格が10倍になるかというと、このプロジェクトはクラウドセールの前のプレセールに参加する案件で、クラウドセールの10分の1の価格でトークンを買うことができるからだそうです。
⇒「ICOとは

それを聞いたらすごくお得なような気がしますが、ここで1つ考えて欲しいことがあります。

仮にあなたはプライベートセールのことを知らずに、クラウドセールでICOの存在に気が付いたとして、

クラウドセールで買いたいと思うか?

です。

このプロジェクトは多額の広告費を使って参加者を募っているので、プレセールの価格がクラウドセールの10分の1であることは広く知れ渡っています。

ということは、当然クラウドセールでこのICOの存在を知って参加しようか検討している人にもその情報が入ってきます。

そのとき、多くの人が購入したプレセール価格の10倍に跳ね上がったICOに参加したいと思うでしょうか。プレセールで100万円で買えたものが、1000万円払わなければ手に入れることができません。

おそらく、10倍を聞いたほとんどの人がこのICOのことを信用しなくなり、クラウドセールでの購入を見送ることでしょう。

よって、クラウドセールの10分の1の価格設定は、プレセールの価格が安いように思わせて詐欺師たちがプレセール利確を行うための印象操作の可能性があります。

 

以上、Castleの検証結果です。

信用が大切と説明する西田尚樹氏ですが、彼自身も、アドバイザーも、1000%の話も信用できない状況です。

このICOへの参加を検討している人は、第2話以降で明らかになるであろうICOの具体的な内容も徹底的に調査して、信用できるプロジェクトなのかを解明してから参加を検討することをお勧めします。